FC2ブログ

コマンド


やぁ ど~も


プロフィール

アニエル

Author:アニエル
ようやくネットが繋がりました…随分遠のいてる間に色々変化がありました。特にブログだけには手を出すまいと誓っ…(略


クリックで救える命があるんよ


チーム-6%

チーム-6%のHPへ

RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


最新記事


最新コメント


コトコトのヒトコトNo.200R

今日のヒトコト

月別アーカイブ


リンク *(分類毎・追加順)


ブロとも申請フォーム


アマゾン~DADADA!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスト

どすこーい。虎子です。こんにちは。
最近、お気に入りのブログは琴欧洲勝紀関の
「ちゃんこ鍋とヨーグルトって意外と合うんです」
ttp://kotooshu.aspota.jp/ です。

辿々しい日本語で一生懸命書いてくれているのが
凄く和むんです…
テンプレの「ブルガリア化粧まわし姿」もナイスです!


さて、
ほんの数ヶ月前まで「コウコッケー」だったウコ達ですが
今では親たちと比べても大きさがちょっと違う程度にまで
成長してしまいました。
20091202_01.jpg
(もうどれがどれやら…)



まだ小さい頃は育雛箱に近づいて手を入れると
我先に手に乗ろうとしてたのですが
最近では気が向いた時くらいしか手に乗ってくれませんOr2

この子達は全部で12個孵化した兄弟達の生き残りで
(実は13、最後の1個は産みたてと間違えて割ってしm…ry)
初の育雛の為か、5羽も落として(死なせる事)しまいました。
…が、のこりの7羽は凄く元気に育ってくれて
逆に餌代が大変('A`) 嬉しい悲鳴ですが…

そこで簡単にコストと収益(玉子)を計算してみた。
現在、餌は羽数が増えた事もあり業務用(20kg)の袋を
自転車で買いに行ってるんですが、これがかなりの重労働。
少し前までは1ヶ月に1袋くらいで充分足りてたのが、
そろそろ2袋ペースになってきました。

この業務用の餌、20kgで2300円(確か)で
ついでにおやつ(ミルワーム)とボレー粉を買うと
ほぼ3000円。
これが月2回となると1ヶ月の出費は6000円にも
なるわけですが、この出費に対する見返りとして
産みたての烏骨鶏の玉子が手に入ります。

この烏骨鶏の玉子というのが大した代物で
栄養価は普通の平飼いの地鶏に対してでも数倍ですし、
なにより卵黄卵重比がずば抜けて高いので凄く濃厚で旨い
(玉子全体に対する卵黄の割合・一般に卵黄の割合が高い程
 玉子としての旨みは高いとされる。卵黄率とも言う。)
さらには古来より漢方の材料として余す所が無いくらい
貴重な素材として肉・骨・血・玉子など珍鳥されたそうな。

んでその玉子ですが、現在は玉子を産んでくれるのが
2羽の親鶏だけなので、1月あたり15個。(2羽で)
つまり、コスト的に言えば玉子1個あたり400円。

400円…
玉子1個が400円…
たけぇ!w

とはいえ、烏骨鶏の玉子はなかなか売ってない上に
それなりに信頼できる食料品店などで買えば
1個300円~500円は取られるのでしょうがないか。

で、今育ててる子たちが多分「♂4/♀3」かなーと
見積もってるのでおよそコストは半分になる算段。
♂は次期リーダーを除き、食材になる気がします…

…となると餌代6000円↓
玉子採取数 30個/月↑
が見込める訳なので
1個あたりのコストが200円以下に…

という皮算用、というか試算をしながらニマニマしてますが、
そんなみみっちぃ計算を吹っ飛ばす事実を忘れてました。

烏骨鶏以前から大事に育ててる「うずら」ちゃん達ですが、
この子達、軽く1合程の餌1杯で月に50個もの玉子を
産んでくれてます。♂1/♀2のトリプルペアでw

ちっちゃいけど濃厚で美味しい玉子を沢山産んでくれるうずら。
ありえんw

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。